話題沸騰!車買取、そしてリサイクル料

マイカーを処分するときの方法としては買取、そして下取の両方が有ります。下取りの場合というのはおニューの愛車を買う際に古い自動車を引き取って頂くというものです。主には新車販売会社が買取をすることになるため買取金額の方はどちらかというと低めに見られる場合が多いです。

他方、買い取りのほうはクルマ買い取り専門ショップがおこなっているもので、ユーズドカーという名目で販売する事を前提に買い取りの金額を決めるので、やや高額な引き受けが期待できます。何れにしてもくるまを売る事であり、引き取ってもらう前に引受プライスを決定するための値踏みが行われます。

審査をお願いする時気に掛かるのはリサイクル料になります。ユースドカー査定で示される価格というのはその自分のクルマのそれ自体の額、自分の車のに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等々入れたプライスの二種類が存在します。リサイクル料については愛車をゲットした際、もしくはリサイクル料が未納だったケースでは車検の場合支払いとなりますので、後にユーズドカーを廃車として壊してしまうケースで必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等をリサイクルするための費用という名目で使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまうさいにJARSから支払されることになります。

代金はだいたい、軽で8千円くらい、国産車であれば10000円程、外国の車等であれば1.5万円程、それ以外で2万円程度を納める必要があったりもします。多くのくるま引き受けだと、そうしたリサイクルの代金をくるまの引受価格とは他のものとして買い取られるという事になるんですが、リサイクルの料金を入れて引き受け価格となっている場合も有り、見積もりを希望するケースではまずは確認しておくのが大切な事となります。

Comments are closed.