話題沸騰!日本自動車査定協会の役割」の感想、所感

中古の車の下取・買取時は、なにはともあれ査定を行います。査定というのは、お客様から下取・買取時にフェアな鑑定をするための処置であり、それにはいろんな方たちから容認され、プラス受け入れられた仕方でないといけません。ですが、客側からすると、見積がどんな感じで実施されているのか具体的に確認できてなかったり、フェアな手順で実施されているのかはなかなか把握することができなかったりもするものです。しかしながら査定と申しますのはその車の価値を決めてしまうめちゃくちゃ重要な過程ですから、考えや方法に色々なものがあると世間がパニックとなる一因にもなる可能性があります。

このような騒ぎを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」は、キチンとした見積が行き渡るように務めている機関のことで、ユーザーが信頼して値踏みに出せて、更に満足できる制度を構築する務めをしています。

具体的な内容的には、例を出すとキチンとした査定士を育てるために試験をおこなっており、査定協会が実行している学科やスキル研修を受け、そののち「査定士技能検定試験」に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録が必要になり、まっとうな知識や責務をもって我々の車の評定をするのです。言い換えると適正な査定を出すための資格を持つ方が値踏みをおこないますので、ユーザーも安心して下取りや買取に持っていくことが可能となるわけです。

Comments are closed.