話題の「中古自動車査定制度」の感想、所感

クルマの買い取りや下取りの時には、なにはともあれ査定をすることでしょう。査定というのは、お客さんから下取・買取時にフェアな評価をするための工程であり、その為にはさまざまな人たちから了承され、その上受け入れられた手続きでないといけません。ただし、ユーザー側からすると、値踏みがどうやってされているのかきちんと存じてなかったり、適正な手順でやられているかはどうしても把握することが出来ないものですよね。そうだとしても鑑定自体がお車の額面を決めてしまうめちゃくちゃ決め手となる方法な訳なので、考えや方法に色んなものがあると社会が混乱する要因にもなるわけです。

そうした混乱を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という呼称の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」は、適正な鑑定が行われるように務めている機関のことで、ユーザーが安堵して査定に提出でき、そして納得できるシステム作りの行いをしています。

具体的な活動内容としては、例を出すとちゃんとした査定士を輩出する為の試験を行っており、査定協会が行っている学科さらには実技の研修というものを受けて、それから査定士技能検定試験に合格することである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、まっとうな基礎的なものや決まり事をもってお客さんのくるまの評定をします。要するにきちんとした査定を出すための資格を保持している方が評価を実施しますので、客側も不安なく買取とか下取に出すことが出来るというわけです。

Comments are closed.