改めて中古車査定と事故歴について

古くなったマイカー引受けを依頼したときは、まず審査を受けることとなります。審査についてはお店のの方がやり、クルママーケットの価格等から計算されるものとなります。

大体、古いクルマということで売られている金額の20~30%位が査定価格とされていますが、人気クルマだったり、稀少車種であるなどの時には高値が出るといったケースもあるようです。ほかにも、製造年は新しい方が高い査定となります。他方、これらの見積金額はくるまが万全な状態の場合であって、万全じゃない時には低い鑑定となります。中でも特に事故歴等は見積金額にかなり影響してきます。

事故車とは言っても定義が微妙ですが、基本的にはクルマの骨格であるフレームの部分まで及ぶような事故をしてしまった車両は事故車として扱われます。こういった事故歴のある車は後からなにかしらの悪影響が出現するリスクが有りますので、買取金額に関しては短所になります。一方で、フレームの方には影響が無く、外側を修理した位だったら問題ありませんが、ですが修復歴としては付きます。

無論、修復歴が付くわけなので良くない影響は有るわけですが、事故車より低く見積もられることは考えられません。その他、エンジンや変速機などにトラブルが出ているケースもマイナスという事で見積もりされますし、常日頃のメンテナンスの状況が査定額に関係してきます。

その辺りはシロウトには分からない部分ですが、見積もりを行っている買取ショップはしっかりとその部分も見てくるでしょう。

どちらにせよ修復歴としては存在しないことが自動車買取額が上昇させることができるか否かの分かれ目となります。

Comments are closed.