例の車の買い取りとリサイクル料金について

車を処分する時の手段といえば買い取り、そして下取りというのが御座います。下取のケースというのは次のクルマをゲットする時、これまでのくるまを引き受けてもらうというものです。大体新車の取扱店が引受をすることになるため買取額のほうはどちらかといえば低目になることが多いです。

一方、買取の場合にはクルマ買取専業店がやっているもので、ユーズドカーとして売る事を前提として引受金額を決定するため、やや高値での引取りが期待できるでしょう。いずれにしても自分の車のを売る事であり、売り払う前に引き取り価格を決定するための見積もりが行われることとなります。

査定をして貰う場合に気になるのがリサイクル料です。所有車査定で出してもらう金額というのは愛車そのものの額、お車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等をいれた金額の二種類があります。リサイクル料はくるまを手に入れたさい、または「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を受けた場合に支払いになりますので、将来的に所有車を廃車として解体処分する時必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などなどリサイクルする為の代金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分するさいにJARSから支払われるということになります。

コストは大体、軽であれば約8千円、国産自動車で1万円位、外車等だと1万5千円ほど、そのほかで2万円ぐらいを入れる必要性が御座います。多くのクルマ引き取りでは、こういった「リサイクル料」をユーズドカーの引受プライスとは別で引き取りされる事となる訳ですが、リサイクルの料金を含んで評価の価格としている場合もあり、買取を希望というケースではまずは確認しておくことが大事なこととなります。

Comments are closed.