例の残債がある車の売却ってどうでしょう

愛車買取専業店に買取査定を依頼したはいいけど、残債を完済できていない場合もあるでしょう。そんな時には、売却希望のマイカーの権利が自分自身なのか他の方なのかどうか何はともあれ見ておくことが必要となります。

実際に、持ち主に関してどの部分を見ればいいのかと言えば、「自動車検査証」に書かれているお名前の人がクルマの持ち主となります。

お車を買うときに銀行などの割賦払いを組まれた場合だと、この「自動車検査証」に載っている名前が自分の名前になっている訳ですが、割賦払いを組んだのが信販会社などの際は氏名がその会社の名前になっております。信販系で分割払いを組む場合どうしてこういった形で信販会社を所有者として記載するのかというと、その理由は返済が滞った時に、ただちに自動車を差し押さえて確保することを考えている為です。

こうしたわけで所有名義が信販会社になっている際はそちらの自動車を自分の都合で売却は出来ません。それであっても売却したいのであれば残債を全部返済するか支払いローンの組み替えをすることで所有権を貴方の名前に変えてから手続きすることが必要です。とはいっても実際問題こうしたことが可能なのが今お手持ちのお金が余りある場合に限られてしまいます。では資金が無い方はどのようにするのが良いのでしょうか。

そのようなケースでは見積もりをやってくれたクルマ買取ショップにご相談頂けますと、自動車の買取価格から残った支払い分をキレイにし、所有権者をご自身のお名前に直してもらうことができるという訳です。手続きに関しても全てを買い取り専門店に任せられるので問題ありません。

Comments are closed.