例のクルマ売却とオークションの感想、所感

中古車を売却する経路は、ちょっと前まではディーラーでの下取りと、中古車専門店への売る手続きがありました。いつもお世話になっている新車販売店に引き取ってもらい、新車を購入する人がそれまでは結構いたのですが、今となってはその方法をするって人は少数派だそうです。下取の場合が、比べてみると低価格になりがちなことが知れ渡ってしまったことと、「オークション」に参加するという手段が認識され始めている為です。

ユーズドカー専門のオークションというものが開かれており、古い車を専門としているお店やディーラーもここで売り買いをされています。通常は加わることがムリですが、代行業者を使うことで、普通の人もお持ちの車をオークションを利用して売却というのが可能となっております。そして、別な方式の中古車専門のお店への売却のお手続きに関しては、始めにマイカーを査定してもらい、希望の金額を提示されたら契約の成立というわけです。

古い車販売業者は、そうやって入手した車をキレイに整備して店先で売却したり、Auctionに出品してみたりなどします。どのやり方を行うのかはご自由なのですが、何を望んでいるのかにより適した方法は異なります。なんでもいいからわずかでも高値で売り渡したい、という話であれば、Auctionの代行の専門店に依頼するのが最も高い価格で引き渡しできるのではないかと思います。しかし心配せず売却したい、信頼の置ける業者に買い取って頂き、キレイに乗ってくれる人に売却希望というのであれば、下取やユースドカーの販売会社の方が適しているといえます。

代行の方にお願いした場合、売れるまで保管代金を考慮しなくてはいけないので、販売に時間を要するとコストが大変になる危険性をはらんでいます。中古自動車専門店であれば次の方が見つかる前にキャッシュを手に入れることが出来るという長所があります。

Comments are closed.