使用ずみの車を売り渡す際の手段にかかわる事を、このへんでじっくりとチェックしておきましょう

不要車を売りわたすときの手立てというと買い取り、そして下取りの2つが有りますよね。下取の場合というのは新しい所有車を買う時に今迄乗っていたユーズドカーを引受けして貰うというものです。大体はディーラーが引取りをしますので買取金額のほうはどちらかといえば低めに見られる場合が多いです。

一方、買取りのケースはおクルマ買取専業店がおこなっていて、マイカーという名目で販売する事を予定して買い取りの額を決めるので、意外に高プライスでの引き受けが期待できるでしょう。いずれにしろ使用していた自動車を買取してもらうことであり、売却をする前に買受け金額を決めるための審査額がおこなわれることとなります。

品定めをして貰うケースで気になるのはリサイクル料です。使用した自動車の査定で提示される値段としては中古車本体の額、くるまに附随する自賠責保険とかリサイクル料というものをプラスした金額の2つの種類が有ります。リサイクル料はそのu-carを買った時、またはリサイクル料が未払いだった場合には車検を通した時に支払いとなりますので、後にユースドカーを廃車として解体するケースで必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルする為の代金として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する時にJARSから支払されることになります。

その場合のコストは大体、軽なら8千円ほど、国産車の場合で10000円程、輸入車とかで15000円くらい、その他で2万円ぐらいを納める必要性があります。大抵の中古車買取りの場合、そうしたリサイクル料金を古い車の買い取り値段とは別で引受けされる事になるんですが、リサイクルの代金を含んで引受価格であるという場合もあり、引受けをお願いするケースでチェックしておくのが重要です。

Comments are closed.