使用していた車の品さだめについては分割金終了前だったケースでもいいの?確認していきましょう

使用ずみの車の買い取りのお店に品さだめを頼んだものの、支払いを払いきれていないなどのこともあるはずです。そんなケースだと、その売りたいユースドカーの所有権が貴方自身なのか誰か別な方であるのかを先にチェックする事が必須です。

本当のところ、所有者が誰かについてどのあたりを確認したら分かるのかと言えば、自動車検査証に載っている氏名の方がその使用していた自動車の名義の人ということになります。

今の自動車を入手した時点で銀行などのローンを契約した時には、こちらの「自動車検査証」に書かれているお名前が自分自身の名前になっていますが、その割賦払いを契約したのがクレジット会社であったケースだとお名前がその信販会社の名前になる筈です。信販会社でローンを組む場合に何故このような形で信販系の会社を所有者として記載するのかというと、その答えとしては月の払いが滞納された場合に、即マイカーを差し押さえして確保することを考えている為です。

こんな訳で所有名義がクレジット会社にある場合はそちらの愛車を自分の都合で売却することは出来ないのです。どうあれ売り払いたいなら先に残債をすべて返済するかローンの組み換えによって所有権者を貴方の氏名に変更した上で売り払う必要があります。とはいえ実際問題こういった手続きができるのはその時の持っている現金がいっぱいある時に限定されます。であるならば、キャッシュがあまりないのであればどのようにするのが良いのでしょうか。

そのようなケースでは評価をやってくれた中古自動車買取り業者にワケを話すと、中古車の売却額から残債分をキレイにし、所有者のところを自分の氏名に変更して貰うことができるという訳です。手続きも完全に買い取り専門店に任せることができますので大丈夫です。

Comments are closed.