使用した車を売却する時の手順の件ですが、こちらのページでちゃんと見ておきましょう

使っていた車を売却する際の手順というと下取、そして買取の2つがございます。下取の場合というのは新しい愛車を入手する時一緒に今までお乗りの使用済みの車を買上げて頂くというものです。主には販売会社が引受を行ないますので買取金額としてはわりと低くなりやすいです。

逆に買い取りの場合にはおクルマ買取専門ショップがおこなっており、使用ずみの自動車という名目で販売することを前提として買受けの値段を決定するので、どっちかといえば高値の買上げが望めるでしょう。いずれにしても古い自動車を売る事であり、売り払う前に買取り金額を決めるための見積りが行われます。

審査額をして頂く際に気になるのがリサイクル料になります。中古自動車の査定で出される値段としてはそのお車それ自体のプライス、中古車に附随する自賠責保険やリサイクル料等々含めたお値段の二種類がございます。リサイクル料は使用ずみの自動車を買った際、もしくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を通したさいに支払いとなるもので、後に使っていた自動車を廃車として壊してしまうケースで必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等リサイクルするさいのコストということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する時自動車リサイクルシステムから支払われることになります。

その際の費用は大体、軽自動車で8000円程、普通車の場合10000円位、輸入車の場合1.5万円位、それとは別に2万円くらいを納める必要があります。大概の使った自動車引き受けだと、こうしたリサイクルの代金を使った自動車の買い受け金額とは別として引受けされる事になるワケですが、リサイクル代金を含んで引受値段となっている場合も有り、引受を希望する際に前もって確認しておくということが大切なこととなります。

Comments are closed.