使っていた車の見立てというのは分割金終了前だった場合でもいいの?チェックしていきましょう

u-carの買取り業者に品定めをして頂いたものの、支払いを払いきれていないなどのケースも無くはないでしょう。こうした事情では、その買い取って欲しい使用済みの車の所有者が自分になっているのか別の方なのかどうかについて第一にチェックすることが必要です。

実際のところ、名義についてはどの辺を確認したら把握できるのかといえば、自動車検査証に記載されているお名前の方が使用していた自動車の名義の方ということになります。

愛車を買う際に銀行等が提供する分割払いを契約したのであれば、こちらの自動車検査証に記載のある名前が自分のお名前になっていると思うのですが、その分割払いを契約したのがクレジット系の会社などの際は名前がその会社の記載となっています。信販会社で分割払いを組む場合どんな理由でこのような形でその会社を名義人として登録してるのかと言えば、その理由としては返済が止まったときに、即そのおくるまを担保という形で確保するためです。

こういった理由で所有権がクレジット会社にある際はその車を自分の好きに売り払う事は出来ないのです。それでも売却したいのであればまず支払いをすべて完済するかローンの組み換えによって持ち主をご自身の氏名に変えた後で手続きすることが必要です。しかし、実際にそんなことが可能なのが今現在手持ちのキャッシュがとても多い時という事に限定されます。だったらキャッシュがないケースではどのようにするのが望ましいでしょう。

そんな場合は、見積りをおこなって頂いたユーズドカー買い取り専門店にワケを話せば、クルマの売値から残債の支払いの分をまかない、所有者の欄を自分自身の氏名にチェンジしてもらうことが出来るという訳です。手続きも全部買取り業者にオマカセ可能なので大丈夫です。

Comments are closed.