今日は車買取査定方法ってどうでしょう

お車引受けをお願いしたケースでは、まず鑑定を受ける事となります。その鑑定は買取り業者の人がおこなう訳ですが、オークションマーケットの相場等から金額がはじき出されることとなります。

一般的に古いクルマということで売り出されているプライスの2、3割程度が買取の金額と言われていますが、人気の車であったり、珍しい車だったりする時には高い値段が付くといった場合もあるようです。その他、製造年が新しい方がやはり高く売れます。ただ、これらの見積価格はそのクルマがパーフェクトな状態の場合であって、パーフェクトじゃない時には低く査定されます。中でも特に修復の跡等はプライスに相当響きます。

修復歴とは言っても定義が微妙ですが、とりあえずお車の骨組みであるフレームにまで及ぶような事故を経験してしまった車両は事故車という事になります。こうした事故歴のあるくるまはあとからなにかマイナスの影響が出てくる危険性が有りますので、買取プライスでは短所となるのです。一方で、フレームの部分にまで影響がなく、外装を修繕したぐらいなら無問題ですが、しかし事故歴はつきます。

モチロン修復歴がついてしまいますのでデメリットの害はある訳ですが、事故車より低い見積となることはありません。他にも、エンジンなどに問題が起きている時にもマイナスに審査されますし、常日頃のメンテナンスの状況が買取額に影響されます。

その辺りは私たちには見分けはつかないのですが、査定をおこなっている業者ではキッチリそのあたりも確認してきます。

どちらにしても修復歴がないということが愛車買取プライスを上げることができるかどうかの分かれ目となります。

Comments are closed.