今日は車買取と下取ってどうでしょう

所有車を売り払う時のやり方には買取り、または下取といった方法が有ります。下取りは次のマイカーを買ったと同時に、前の車を買取りしていただくというものです。コチラは走ることが問題ない車だとすれば値段が付きますが、とてつもなく古すぎた場合ですと処分のためのお金を求められるケースだってあるでしょう。

下取ですと専門ショップが行うわけじゃないので、望むような価格での買取は期待できませんが、新しい中古車と取り替えるような感じで乗り換えが可能だというメリットがあります。もう一つの買取りは、専業の車買い取りの専門店に依頼して引取りをしてもらうといったものです。その手続きがややこしいといった短所もあるのですが、買い取られたマイカーはユーズドカーとなって出回るのが前提ですので、わりかし望んだ金額での買取りが望めます。

買取りにしても下取りにしても売却のさいにはさまざまな書類をあらかじめ準備しておくことが必要です。その必要書類ですが、車検証とくるまの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。さらに実印と印鑑証明、住民票等も必要です。

手続きの場合には委任状や譲渡証明も使用するかと思いますが、それらに関しては買い取りの専業店にて用意してくれます。買い取りを希望する方としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票そして印鑑証明を準備しておきましょう。値踏みの時もこれらについては見られるため、紛失しているさいには再度発行することとなります。

万一無くしたとしても値踏みそのものだけをして頂くことはOKですが、即引取りは出来ないため見積もりの値段に悪い影響が出る可能性があります。

Comments are closed.