今日は車の買い取りと「リサイクル料金」のことを考えてみた

自分のクルマのを売り払う際の方法としては買い取り、そして下取りのどちらかが御座います。下取りのケースはおニューのくるまを購入すると一緒にこれまでの自分のクルマのを買い受けしてもらうというものです。だいたい新車販売店が引取りを行うためプライスとしてはどっちかといえば低目になることが多いです。

一方で買取の方は愛車買取専業店がやっているもので、中古車という名目で売る事を予定に買い取りのプライスを決めるので、どちらかといえば高目の買い取りが期待できます。いずれにしろ自分のクルマのを引き受けてもらうことであり、、売却をする前に買取り金額を決定するための鑑定がされることとなります。

値踏みを行う時気になるのはリサイクル料です。ユースドカー値踏みで示される価格というのはその愛車それ自体の額、中古車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等を含めた値段の2種類があります有ります。リサイクル料についてはくるまをゲットした場合、若しくはリサイクル料が未納のときには車検を受けた時支払いとなりますので、のちにクルマを廃車として処分する際に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルするための料金となって使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体する時に自動車リサイクルシステムから支払されることになります。

料金は大体、軽自動車だと8千円くらい、国産車だと10000円くらい、外国の車等だと約1万5千円、それとは別に2万円ぐらいを入金する必要が御座います。たいがいの車買取りですと、こういったリサイクル料金を所有車の引き取りプライスとは別として引取られるというような事となるわけですが、リサイクル代金を含めて評価のプライスであるというケースもあり、引取りを依頼する時にまえもって確認しておくのが大事です。

Comments are closed.