今日は買取や下取り「リサイクル料」だそうな

くるまを売り払う際の方法というと下取り、そして買い取りの両方がございます。下取のケースは新しいくるまをゲットする時に今までの自家用車を買い取りしてもらうというものです。大抵は新車の取扱店が引取りを行うため売値はわりと低価格になることが多いです。

もう一方の買取りのほうはユースドカー買取専門ショップがおこなっているもので、ユースドカーとして売却することを予定して買い取りのプライスを決めるため、やや高値での引受けが期待できるでしょう。何れにしろマイカーを売却する事であり、売る前に買取価格を決定するための審査がおこなわれます。

見積もりをしていただくとして気に掛かるのは「リサイクル料」です。自分のクルマの査定で出される値段としては所有車本体の値段、所有車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などを含めた値段の二種類が御座います。リサイクル料については中古車を手に入れた際、又は「リサイクル料」が未納のケースでは車検を通した場合支払いとなりますので、将来的にユーズドカーを廃車にして処分する時に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするさいのコストとなって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまうさいにJARSから支払われるということになります。

費用はだいたい、軽だと約8千円、国産車であれば10000円位、外国の車などで15000円ほど、それとは別に20000円程をいれる必要があったりします。たいていのお車買取では、こういったリサイクルの代金を自分の車のの買い取りプライスとは別で引き取られることとなる訳ですが、リサイクル料をいれて評定値段であるという場合もあり、買取りを望んでいるさいにはまずは確認しておくということが大事なこととなります。

Comments are closed.