今回は「中古車査定」とのことだけどどうなんでしょう

車の下取や買取の時にはなにはともあれ査定をさせて頂きます。査定というのは消費者から買い取り・下取時にきっちりした評価をするための手続きであり、それにはいろいろな方から理解されその上承諾された方法をしないと良くありません。

とはいえ、お客様側からしますと査定がどうやってされているのか正確には知らなかったり、正当な仕方でやられているかは結構確認することができなかったりもするものです。

ではありますが値踏みというのは愛車の価値を決定する決め手となる工程ですから、方法や考えにさまざまなものがあると世間がパニックとなる一因にもなるわけです。

そのような騒ぎを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。「日本自動車査定協会」は適正な審査が行き渡るように動いている機関であり、私たちが信頼して値踏みに提出でき、そして納得できる結果になるような土台作りの取り組みをしています。

活動の内容は、例えばまっとうな査定士を育てるために検定を行っており、査定協会がおこなっている学科とスキル研修というものを受けて、それから査定士技能検定試験に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録を済ませてからになり、きちんとした見識や義務を以てしてお客さんの車の評定をするのです。

つまりはしっかりした見積のための資格を保持している者が査定を実施しますので、お客さんも不安な思いをせずに下取りや買取に愛車を提出することが可能となるわけです。

Comments are closed.