中古車を売る時の残債とのことだけどどうなんでしょう

クルマの買取り業者に買取査定を依頼したものの、ローンを払いきれていない事もあり得ます。こうした時は、売ろうとする自動車の権利がご本人なのか他の人であるかについて取りあえずチェックすることが必要です。

実際に、所有権はどの辺を見たら分かるのかと言えば、自動車検査証に記載されているお名前の人がお車の所有権者ということになります。

車を買ったタイミングで銀行系の自動車ローンを組まれた際は、この「車検証」に記載されている氏名が自分自身の名前になっているのですが、分割払いを組まれたのがクレジット会社だった場合はお名前がその信販会社の記載となっています。クレジット会社で分割払いを組む場合何故こんな風にクレジット会社を持ち主として記載するのかというと、その理由は返済が滞納したりしたら、すぐにマイカーを差し押さえて確保することを考えている為です。

そんな理由で所有権がクレジット会社となっているケースではそちらのマイカーを好き勝手に売る事は無理なことです。とにかく売り払いたいならまず支払いを残らず終わりにするか割賦契約の組み換えによって所有権を貴方の氏名に変更した上で売り払うことが求められます。さりとて現実にそうした事が出来るのはその時の手持ちのキャッシュが余りある時に限定されます。だとしたら資産があまりないケースではどんな方法を取るのが良いのでしょうか。

そうした場合は、査定をおこなってくれたクルマ買取店に事情を話すと、所有車の買取金額から残りの返済分を完済し、所有者の欄をアナタの名前に直していただくことが可能です。手続きについてもすべて買取り業者にオマカセ可能ですから心配ないです。

Comments are closed.