中古自動車の買上げのプライスに修復歴はどのように関係してくるのでしょうか

使用ずみの車の譲渡に関してお願いしたさいには、まず最初に見積りを受けることとなります。その場合の品評はお店ののスタッフがするわけですが、車市場の相場などから決まることになります。

大概は使った自動車のとして販売されている金額の20~30%ほどが買取り価格と言われているようですが、売れ筋の車ですとか、稀少車種ですとかの場合には高い査定がでる場合もあるみたいです。その他、製造年が新しいほど言うまでもなく高くなります。他方、そうした買取金額はクルマが問題ない状態のときであって、パーフェクトではないときは査定は厳しくなります。とりわけ事故の跡などになると買取の値段に相当影響してきます。

事故車といっても定義は曖昧ですが、とりあえず車の基礎となるフレームの部分にまで及ぶような事故を経験した車両は事故車となってしまいます。こういった修復歴のあるクルマはいつか何らかの悪影響が出るかもしれないというリスクが有るため、見積もりでは短所になってしまいます。一方で、フレームの部分にまで影響がなく、外側を修復した位だったら無問題ですが、事故歴がつくことになります。

当然修理歴としてはついてしまう訳なので良くない影響は被りますが、事故車より安く見られることは無い筈です。そのほか、エンジンやギアなどにトラブルが起こっている時もマイナスに見られますし、普段からの維持管理の良し悪しが買取価格に影響してきます。

そのような部分は我々には気づかない所ですが、評定をしている専門会社はきっちりとその部分もチェックしてきます。

どちらにしても修理した跡がないことがお車見積もりについては上昇できるかどうかのポイントとなってきます。

Comments are closed.