ユーズドカーを売りはらう時の手段の件ですが、こちらのページできちんと確認しておきましょう

使用済みの自動車を売り渡す場合の方法といえば下取、そして買取の2つがあります。下取の場合というのはおニューのお車を買う際、今までお乗りのお車を買上していただくというものです。大抵取扱店が引き受けをすることになるため売値はどちらかというと低くなりやすいです。

逆に買い取りの方はユーズドカー買い取り専業店がしているもので、使用済みの自動車として店頭に出すことを前提として買上げプライスを決定するので、やや高値での買受が望めます。何れにしてもユースドカーを買い取ってもらうことであり、売る前に買受け金額を決定するための品定めが行なわれるわけです。

評定をおこなうとして気になるのが「リサイクル料」です。クルマ見たてで出される価格というのはそのお車そのものの値段、中古車についてくる自賠責保険とかリサイクル料等入れた値段の二種類が有ります。リサイクル料は不要車を購入した時、若しくはリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検を通した時に支払いとなるもので、のちに使っていた自動車を廃車にして壊してしまう際に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルするさいのコストという名目で使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体する時にJARSから払われるということとなります。

その場合の代金はだいたい、軽であれば8千円位、普通車だと1万円くらい、外国の車ですと1.5万円程、その他で2万円くらいを納める必要が御座います。たいていの使っていた自動車買上げの場合、これらの「リサイクル料」を中古の自動車の買い受け額とは別個で引受けされるという事になるのですが、リサイクル料を含めて評定価格であるという場合もあり、買取を依頼する時にはまえもってチェックしておくのが求められます。

Comments are closed.