マイカーを売りはらう際の手段に関する事を、ここらで可能な限り確認しておきましょう

u-carを売りわたす場合の手段といえば買取と下取りというのが一般的ですね。下取りの場合は新しい自家用車を入手する時にこれまでお乗りの古い自動車を買い上げてもらうというものです。たいていディーラーが引受けをしますので金額はやや低くなる場合が多いです。

一方、買取のケースはくるま買い取り専門店がやっており、使っていた自動車として店頭に並べることを前提として買上値段を決定するため、割りに高めの買い上げが期待できます。どちらにしても中古の自動車を売る事であり、引き受けてもらう前に買い受け金額を決定するための値踏みがされるわけです。

見積りを依頼するケースで気になるのは「リサイクル料」です。u-car値踏みで示される値段というのはその自家用車そのものの額、クルマについてくるリサイクル料や自賠責保険というものを含んだプライスの二種類が有ります。「リサイクル料」は使用していた自動車をゲットしたさい、若しくは「リサイクル料」が未払いだった時には車検を通した時支払いとなりますので、先々使った車を廃車にして壊してしまう時に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルするさいのコストということで使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体するさいに自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

その場合の料金は、軽自動車だと8千円くらい、国産車の場合で10000円位、外国の車ですと1.5万円程、それとは別に20000円程を納める必要があります。大半の使っていた自動車買受けの場合、これらのリサイクル料を中古の自動車の買取値段とは他のものとして買取される事になりますが、リサイクル料金を含めて評定金額となってるケースもあり、引受をお願いするさいには先にチェックしておくのが肝心です。

Comments are closed.