まさかの買取や下取り「リサイクル料」とのことだけどどうなんでしょう

自動車を売るときの手立てというと買取と下取りの2つが御座います。下取りのケースというのはおニューの所有車を入手すると同時に今までの中古車を買い受けして頂くというものです。大体は新車販売会社が引き受けをすることになるので買取金額としてはどちらかといえば低めに見られがちです。

もう一方の買取りの方はユースドカー買取専門店がおこなっているもので、ユースドカーとして店頭に並べることを前提に買取額を決めるため、やや高値での買取が望めます。何れにしても自分の車のを売る事であり、売却をする前に買取りプライスを決めるための見積もりが行われることとなります。

査定をして貰うケースで気になるのはリサイクル料になります。ユーズドカー値踏みで出してもらう額としては自分のクルマの本体のプライス、お車に付いてくるリサイクル料や自賠責保険等を含んだプライスの二つの種類が存在します。リサイクル料は自動車を手に入れたさい、または「リサイクル料」が未納のときには車検の場合支払いとなりますので、将来的にユーズドカーを廃車にして処分するさいに必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルするさいの料金となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

費用は大体、軽自動車だと8千円位、国産車で1万円位、外国製自動車などで15000円くらい、それ以外で2万円位を入れる必要があったりもします。だいたいのクルマ引受の場合、こうした「リサイクル料」をくるまの引取りプライスとは別として引き取られるというような事となりますが、リサイクルの代金を含んで引き受け額だという場合も有り、引き取りを希望という場合にはまえもって確認しておくことが大切です。

Comments are closed.