なんと!ローンが残っている車の売却とのことだけどどうなんでしょう

愛車の買い取りのお店に鑑定を頼んだものの、分割金を完済していない事もあり得ます。そんな際は、買取りしてほしいマイカーの所有がご本人であるのか別な人なのかを何はともあれ確認することが必要となります。

ホントのところ、所有権はどの辺を確認すると分かるかというと、自動車検査証に書かれている氏名の方がお車の所有権者という事であります。

車を購入したタイミングで銀行などの自動車ローンを組まれた場合は、こちらの車検証に書かれている名前がご自身のお名前になっていますが、ローン支払いを組まれたのが信販会社などの際はお名前がローン会社の記載となっています。クレジット会社で分割払いを組む場合何故こんな風にクレジット会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えとしては月の払いが滞った場合、即マイカーを担保という形で確保することを考えているからです。

そんなわけで所有権がクレジット会社となっている場合はそちらの所有車を好きなように売ってしまう事は出来ないのです。何が何でも売却したいのであれば支払いを残らず終わりにするか分割払いの設定し直しをすることで持ち主を貴方の氏名に変更した後で手続きすることが必要です。とはいっても現実にこんなことができるのは今現在お手持ちの現金が豊富にある時という事に限定されます。だったら現金が足りない時はどうすることが望ましいでしょう。

そういったケースでは鑑定をやって頂いたくるま買取専業店に事情を話すと、所有車の買値から残りの支払い分をキレイにし、所有者をアナタの名前に変更してもらうことができるという訳です。手続きについても全てにおいて買取専業店に任せられるので大丈夫です。

Comments are closed.