とうとうです、車見積りと必要書類について調べてみた

お車を売却する時のやり方としては下取や買取等の手続きがございます。下取は新しいクルマを手に入れた際には、これまでのお車を引受けしていただくというものです。こちらは走行が出来る状態であるならば値段が付くわけですが、とんでもなく中古だったケースでは処分のための費用を必要とされる事だってあり得ます。

下取ですと専門店が引き取るという事じゃないので、望むような値段での放出は期待できませんが、おニューの車と取り替えるような形で乗り換えが可能だという良い面があります。他方買い取りはというと、それ専門の中古自動車買取ショップにお願いして引取りをして頂くといったものです。その手続きが分かりづらいといったよくない点も有るわけですが、引き取られたお車は中古自動車として流通するのがそもそも前提ですから、結構望むような価格での引受けが期待できるはずです。

下取であっても買取であっても引き渡す時は必要な書類をまずは用意しておくことが必要です。どういうものかというと、自動車検査証、自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。更に実印や印鑑証明書、住民票等も必要です。

譲渡の時には委任状と譲渡証明なども使用すると思いますが、これらは買い取りの専門店にて用意してくれるでしょう。売却をお願いする側としては、自動車検査証、自動車税納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。査定時にもこれらをチェックされるので、無くしたときは再発行して頂く必要がございます。

無くても査定そのものだけを受けることがオーケーですが、即売却は行えないため査定金額に悪影響が出る場合もあります。

Comments are closed.