ついにきた、日本自動車査定協会という機関のことを考えてみた

愛車の買い取りや下取りの際には、なにはともあれ査定をやります。この場合の査定とは、お客様から下取や買取の時にフェアな審査をするための下調べであり、その為にはたくさんの人から肯定され、プラス受け入れられた段取りで行わないといけません。とは言っても、こちら側からしたら、見積がどうやってされているのか正確には存じてなかったり、キチンとした手順で行われてるかどうかはどうしても確認することが難しいものです。しかしながら査定というのはその車の価値を決めてしまうめちゃくちゃ大事なプロセスな訳なので、方法や考えに様々なものがあると社会が混乱する一因にもなるのです。

そんなカオスを起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」という機関は、厳正な値踏みが行き渡るように機能している機関であり、お客さんが信頼して値踏みに出すことができ、加えて喜べるような結果になるような土台作りの動きをしています。

分かりやすい内容的には、例を挙げると健全な査定士を増加させるためのテストをおこなっており、査定協会が行っている学科及び技法の研修を受けてもらい、そして「査定士技能検定試験」にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。その上で査定士として活動するためには協会への登録が必要になり、健全な見識や義務でもって消費者のクルマの品定めをおこないます。要は適正な見積もりを行う為の資格を持つ方が評価をやりますので、ユーザーも不安な思いをせずに買い取りまたは下取に出すことが出来るわけなのです。

Comments are closed.