これは・・・中古車査定と事故歴の感想、所感

お車売渡をお願いした時には、とりあえず値踏みを受ける事となります。鑑定は買取専門ショップの査定士おこなう訳ですが、オークションマーケットの価格などから算出されるものとなります。

普通は古いくるまとして売られている金額の2~3割くらいが買取の金額とされているようですが、定評のある車種だったり、稀少車種であったりする場合には高値が付くなどのケースもあるみたいです。ほかにも、製造年が新しい方が高くなります。一方でそういった見積価格はくるまがパーフェクトな状態のときであって、そうではない時だと値踏みは厳しくなります。特に修理歴などは買取プライスに相当関係します。

修復の跡とは言っても定義が曖昧ですが、とりあえず自動車の基礎であるフレームの方にまで駄目になっているようなアクシデントをしてしまったお車は事故車という事となります。こうした修復歴のあるくるまはあとから何かマイナスの影響が出てしまうという危うさがありますので、買取り価格に於いてはダメなものとなります。その一方、フレームの方には影響が無く、ボディを修理した程度なら問題ありませんが、修復歴がつきます。

無論、修復歴は付きますので良くない影響は有りますが、事故車より低い鑑定額となることは考えられません。ほかにも、エンジンなどにトラブルが出ている場合にもマイナスという事で査定されますし、常日頃のメンテナンスの状態が買取の値段に影響されます。

その辺りは我々にはわからないところですが、査定をおこなっている買取専門ショップではシッカリその部分もチェックの対象としてきます。

どちらにしても修理歴としてはないということが古くなった車の鑑定額ががアップできるかどうかの条件となってきます。

Comments are closed.