これこそ車売却とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

マイカーを売り払うときの手立てには下取と買取のどちらかがございます。下取りのケースは新しいくるまを入手するかわり、これまでのクルマを買い取って頂くというものです。大抵新車販売店が買取をすることになるため値段の方は割と低目になる場合が多いです。

一方、買い取りの方は愛車買取り専門の業者がおこなっており、中古車として売る事を前提として引取りのプライスを決めるので、やや高額な引き受けが望めるでしょう。何れにしろ所有車を売却することであり、売却をする前に買取価格を決めるための値踏みがおこなわれます。

鑑定をして頂く際に気に掛かるのがリサイクル料になります。マイカー見積もりで出される価格としてはその中古車本体の価格、マイカーに付いてくる自賠責保険やリサイクル料等々含めた値段の二種類があります。リサイクル料に関してはクルマを買った場合、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検の際に支払いとなるもので、のちに車を廃車にして解体する場合に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などなどリサイクルする時のコストということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する場合自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

コストはだいたい、軽であれば8000円程、国産車であれば1万円ほど、外車等で15000円位、それ以外で2万円ぐらいを入金する必要性があったりします。たいていの車買取だと、こういったリサイクルの代金をお車の引受け値段とは他のものとして引取りされる事となるのですが、リサイクル料を含んで評定額だという場合も有り、引き取りを希望という際にはあらかじめ確認しておくということが大切です。

Comments are closed.