これこそ中古車の査定について思うこと

愛車の売買契約時は、最初にその中古車の鑑定をすることになります。車種と何年式かによって、ベースとなる一定レベルでの額面の理解をしておきます。これと比較しもっとコンディションが悪かったら、見積額を減額するというような順序で処理を行っていくのです。

一定レベルでの値段のことについては買い取る側で基準となる金額というものを持っています。コチラについては業者間だけで出回っているもので、そのプライスはその型式や何年式かによって記されているものです。とはいっても、あくまでこの額面は基準となる数字なのであり、それ以上でも以下でもないものです。さらに、その値段よりも高値で買取をされたりまたは安い価格で買いたたかれたりする事だって当然のように存在します。

店側の立場に立ってみると可能な限り低価格で買い取りたいので、お店にもよりますが基本となる買い取りの価格を出したうえで、それよりも低価格な方に話を持っていこうとします。売り手側としてはちょっとでも高い値段で売却したいわけですから、ここではイッキに話を振るのが成功の秘訣です。または、買い受けについての額面が同調できなかったケースであれば見送りし、そちらで話を止めておきます。そののちよそのお店と応酬をしていくわけです。

そこでもし値段がもっと高額となり納得がいけば、前の買取店との話し合いは決裂でも気にしなくて良いです。つまり、売り手が満足がいくように交渉を進めていけばよいということです。最も気を付けてほしいのは、あわただしく売却額を決断してしまって、後々後悔してしまうことです。金額は徹底的に強気で話をした方が心残りはないでしょう。

Comments are closed.