これこそ「ローン中の車売却」について調べてみた

自動車買い取り専門店に見積もり査定をお願いしたものの、支払いを完済できていないケースもあり得ますよね。このような時は、売り払いたい車の権利が自分自身なのかそれ以外の人なのかどうかまずはチェックする必要性があるのです。

本当のところ、所有権はどの辺を見るとわかるのかといいますと、自動車検査証に書かれている氏名の方が自動車のオーナーという事であります。

愛車を購入する際に銀行が提供している自動車ローンを設定された際は、この「車検証」に載っている名前が自分自身の氏名になっているのですが、割賦払いを設定されたのが信販会社であった際は名前がその信販会社の記載になっているのです。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな形でその会社を所有者として登録してるのかと言えば、その答えとしては月賦が滞った時に、すぐにくるまを差し押さえして確保するためです。

こうしたわけで所有者名義がクレジット会社となっている時にはその愛車を好き勝手に売り払う事はできません。何が何でも売ってしまいたいならまず返済を完全に終了させるか分割払いの組み換えによってオーナーをあなたの名前に変えてから売り払う必要があります。さりとて実際にこうしたことができるのは今現在手持ちの資産が沢山ある時という事に限られます。それでは資産が不足している人はどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

そんな時には評定を行って下さったマイカー買い取り専門店に相談すれば、車の買取価格から残った支払い分をキレイにし、所有者のところを自分のお名前に変えて貰うことができるというワケです。手続きについてもすべて買取専業店に任せることができますので安心です。

Comments are closed.