あの車買取事故歴と修復歴のいろいろ

古くなった中古車売渡を依頼したケースでは、まずはじめに値踏みを受ける事となります。その際の審査については買取ショップの担当者が行う訳ですが、ユースドカーマーケットの相場などから算定されることとなります。

一般的に古いクルマとして販売されている価格の2~3割位が買取の金額とされていますが、人気のある車種であったり、珍しいくるま等の際には高値がつくなどの時もあるみたいです。他にも、年式は新しければ新しいほど高値が付きます。ただし、そういった見積金額はそのくるまがパーフェクトな状態の場合であって、パーフェクトじゃない時は低い鑑定となります。なかでも特に事故の跡などは見積価格に相当関係します。

修復歴とは言っても定義が曖昧ですが、基本的にクルマの基礎であるフレームにまで影響しているようなアクシデントを起こしたクルマは事故車扱いになります。こうした事故車は将来において何らかのマイナスの影響が現れるリスクが有るため、査定額についてはマイナスとなってしまいます。他方、フレームにまで影響がなく、外装を直したくらいだったら問題ありませんが、しかし修復歴は付きます。

無論、修復歴はついてしまう訳なので負の影響はあるのですが、事故車よりも見積もりが低くなることはないです。それと、エンジンや変速機などに問題が起きているときもマイナスとして見積もりされますし、日頃の整備の状態が見積金額に関係してきます。

この辺りは私たちには見分けはつかないのですが、値踏みをおこなう買い取り専門店はシッカリとそのへんもチェックしてきます。

どちらにせよ修復歴が無いことがマイカー見積価格が上げることができるかどうかのポイントとなってきます。

Comments are closed.